花粉症を改善する薬アレグラ

アレグラは市販薬でも売られているアレルギー薬です。もちろん病院でも処方されていますので身近なお薬となっており、効果は他のアレルギー薬よりも高いと言われています。またアレルギー薬の副作用で多い眠気が出るといったことが少ないお薬となっています。

アレグラの市販薬と処方薬の違い

子供にもOKのアレグラ
↑アレルギー疾患の人にはアレグラをお勧めいたします

抗アレルギーであるアレグラは、もともと医療用医薬品として医師の処方せんが必要でした。アレルギー疾患が増えていることと、アレグラの需要が見込まれることから一般用医薬品へ切り替わりました。一般用医薬品とはドラッグストアで売られている薬で、処方せんを必要としません。医療用医薬品から一般用医薬品にシフトしたものをスイッチOTC薬と言います。スイッチOTC薬は他にも胃薬などがあります。ただしスイッチOTC薬や第1類医薬品は薬剤師がいなければ販売できませんので、コンビニなど薬剤師のいないところでは購入することができません。つまり副作用などの危険性を考えて薬剤師がいるところでないとだめなのです。以上のことを踏まえて、市販薬のアレグラと、処方せんのアレグラは同じものと考えてください。アレグラは医療機関でもらえます。市販薬としても買えます。同じ薬であれば、待ち時間などを考慮すると、市販のものを買ったほうが手っ取り早いです。しかし自分で購入するわけですから、アレグラを飲んで気分が悪くなったりすると、どのうように対処していいのかわかりません。つまり自己責任になります。一方で処方せんで貰った場合には、医師や薬剤師に相談することができます。別の体調変化やアレルギー、食べものとの相互作用などいろいろ考えられますので、すぐに相談できるところが助かります。再び診てもらった医療機関で再度検査などをして別の病気が見つかることが少なくないです。それぞれにメリット、デメリットがあります。手っ取り早くまずは市販品を試してみて、それでも効果がないようなときには医療機関で診てもらったほうがいいのです。そのことで気持ち的にも落ち着きます。アレグラは花粉症や鼻炎、蕁麻疹などに効くので、抗アレルギー剤の中では人気があります。